about

「エコとエゴの間にあるもの」

 いま、思うこと。

 私たちBLUE Inc. は、十数年の間、海外のライフスタイルを日本へ紹介する仕事に
携わってきましたが、昨今の環境問題を真摯に受け止め、これまで以上に環境に配慮
した商品の取り扱いを心がけていきたいと考えています。 

 環境に優しい材料を使用したエコフレンドリーな商品や、リサイクル・アップサイ
クルされた商品を今後の生活に取り入れていく“エシカル消費”は大事なことです。
しかし普段の生活にも、沢山のサステイナブルな活動のヒントが隠れていて、中でも
毎日使うモノを長く大切に使っていくことが、実は一番身近で、すぐに始められる取
り組みではないでしょうか。

というのも、近年、海外と日本との間にある隔たりを感じることが増えてきました。
日本ではモノが無意識に消費されることが多く、それが環境への意識の低さに繋がっ
ていると思われます。だからこそ、消費者がモノをセレクトしていく目と、モノを大
切にする心を育てていくことがとても重要になってきます。

これからは、食べたもので身体が作られると同様に、個人が選ぶものがその人の心
(未来)を創っていく時代です。例えばエコなモノを選ぶ人と、そうでないモノを選
ぶ人の差は、“エコとエゴ”ほどの差があり、その結果が未来にもたらす差は明らか
です。

 今後、ライフスタイルに関わる身近なモノを通じて、日本にもより深い環境への意
識が広がっていくよう、私たちは提案を続けていきます。